クリエイティブな仕事に就くための資格

このエントリーをはてなブックマークに追加

難易度が高まるケアマネジャーの国家試験

急速に高齢化が進む日本。
介護保険制度が始まって10余年が過ぎました。
団塊の世代が定年退職し、まもなく介護が必要な高齢者数が大幅に増加することが予想されます。
この超高齢化社会の中で注目の資格があります。
それが介護支援専門員で通称ケアマネジャーです。
ケアマネジャーの仕事は介護の手が必要な高齢者が介護保険制度を利用して、人間らしい生活を送れるように自治体や介護サービス提供者と連絡・調整することです。
ケアマネジャーは介護保険制度の中心的存在で、その責任は非常に重いといえます。
その分、やりがいのある仕事でもあります。
具体的には、介護や支援の必要な方を訪ね、面談し、本人や家族に代わって市町村に要介護認定の申請を行ないます。
認定を受けると、利用者の希望、健康状態、予算などを考慮しながら、適切なサービスを受けることができるように自治体や介護施設などのサービス提供者と連絡をとりながら、介護サービスの計画(ケアプラン)を作成します。
サービス開始後も計画の評価・査定やプランの変更、給付金管理などの仕事を行ないます。
ケアマネジャーは介護の仕事を始めてすぐになれるものではありません。
経験を積み、知識や技術を身につけた上で、国家試験に合格しなければなりません。
ケアマネジャーになるためには一定期間の実務経験があり、医療や福祉分野での資格がなければなりません。
その資格とは医師、歯科医師、薬剤師、看護師、保健師、助産師、作業療法士、理学療法士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、鍼灸師などです。
これらの業務に5年以上従事していることなどが条件です。
また、合格後には研修があり、研修を修了しなければケアマネジャーとして各県の介護支援専門員資格登録簿に登録することはできません。
ケアマネジャーは利用者の人権尊重、主体性の尊重、公平性、中立性、社会的責任、個人情報の保護などの高い倫理観が求められる仕事です。
近年、質の向上のために5年間の有効期限が設けられ、登録を更新するためには更新研修を修了しなければならなくなりました。
試験の難易度も高くなり、合格率は15%程度まで下がっています。
年々、ハードルの高い資格になってきています。

Copyright (C)2018クリエイティブな仕事に就くための資格.All rights reserved.