クリエイティブな仕事に就くための資格

このエントリーをはてなブックマークに追加

今後も有望な3DCG

テレビや映画で、いまや欠かせない映像表現が3DCGです。
多くのテレビ番組のオープニングタイトルは3DCGアニメーションで制作されています。
オープニングタイトルは放送ごとに毎回同じものを流すために、クオリティの高い映像を見せたいという制作側の狙いがあり、そこそこの予算を組んで3DCG制作会社に発注します。
3DCGは視覚効果が高く、訴求力もあります。
当然、制作費は2次元イラストやアニメーションに比べると価格が跳ね上がります。
しかし、高コストにもかかわらず、テレビのタイトルだけでなく、番組内、CM、企業PR、映画、ゲーム、建築など幅広い分野で3DCGが使われています。
3DCGの用途は今後も広がっていくでしょう。
そう考えると非常に有望な職種といえます。
3DCGの仕事をするためには、専門学校や美大などで学ぶのが近道ですが、実際に現場で働いている方は必ずしもそうした学校を卒業しているわけではありません。
3DCGを作りたいならば、ゲーム会社、アニメ制作会社、建築事務所などに就職することになります。
その際、作品の提出を求められることがあります。
3DCGの資格は必ずしも必要ないと思いますが、持っていて損はないでしょう。
建築関係では3次元での空間表現や建築バースの作成を担当することになります。
Shadeデビューマスターがあれば就職には優位ではないでしょうか。
ただし、制作会社やゲーム業界ではあまり有効ではありません。
持っていて損のないのがCG検定ではないでしょうか。
実際のところ、制作会社は3DCGだけを制作しているわけではないので、デジタルコンテンツ全般についての知識と経験が求められます。
CG検定は3DCGのほか、2DCG、映像、アニメーションなどデジタルコンテンツ全般をカバーする文部省認定の資格です。
映画、音楽、CM、ゲームなどの業界を目指すならばCGクリエイター検定1級〜3級に挑戦するのも役に立ちます。
また、プログラミングに重きを置いている資格にCGエンジニア検定1級〜3級があります。

Copyright (C)2018クリエイティブな仕事に就くための資格.All rights reserved.