クリエイティブな仕事に就くための資格

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷媒体のスペシャリスト

雑誌やポスター、商品パッケージ、名刺など印刷媒体のデザインを手がける仕事がグラフィックデザイナーです。
主に広告デザインや商業デザインと呼ばれる分野です。
グラフィックデザイナーはアートディレクターやプロデューサーのコンセプトを理解し、カメラマン、イラストレーター、コピーライターが仕上げてきたものを紙の上でバランスよくレイアウトする仕事です。
小さなデザイン会社やフリーランスの場合、グラフィックデザイナーが制作からスケジュール管理、印刷・製版、納品までのすべてのプロセスを担当することもあります。
つまり、紙媒体の全工程を熟知していないとつとまらないという事になります。
グラフィックデザイナーになるためには、一般的に美大や専門学校でデザインを学び、広告会社やデザイン会社、印刷会社に就職するケースが多いようです。
経験を積んで、実力をつけるとフリーになる人もいます。
かつて、グラフィックデザイナーの仕事は紙と鉛筆を使い手作業で行なうものでした。
しかし、いまでは多くの作業がパソコンを使って行なわれています。
グラフィックデザイナーになるためにはパソコン操作に慣れ、PhotoshopやIllustratorをはじめ、QuarkXPress、InDesignなどのDTPソフトを使える技術が求められています。
こうしたコンピューターの資格は幾つかありますが、資格を求められることはまずありません。
しかし、自分のスキルを高め、就職の際のアピール材料になるという点で、資格をとることは無駄ではありません。
関連する主な資格として、Photoshopクリエイター能力認定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験、CGクリエイター検定、DTPエキスパート、色彩検定などがあります。
デザインの仕事では色彩設計は避けて通れません。
ですから、色彩検定で色彩のことを理論的に学ぶことはスキルアップにつながるのではないでしょうか。
グラフィックデザイナーの需要も年々高まっており、雑誌、ポスター、広告、看板、CDやDVDのジャケット、ゲーム関連のデザイン、パッケージなど仕事の範囲も広がっています。
その反面、実力のある人には仕事が来るが、実力がなければ食えないという厳しい世界であることも肝に銘じておく必要があります。

Copyright (C)2018クリエイティブな仕事に就くための資格.All rights reserved.