クリエイティブな仕事に就くための資格

このエントリーをはてなブックマークに追加

活躍の場所が広がるカラーコーディネーター

私たちは日々、無意識のうちにさまざまな色を感知しています。
すべてのモノには色があり、色の情報を読み取ることで、空間を認識し、判断し、安全に行動できます。
色は単に物事を識別するだけではなく、人の心理にさまざまな影響も与えます。
例えば部屋の壁の色を変えたり、洋服の色の組み合わせを変えるだけで気分が変わったりすることもしばしば経験します。
こうした色が人間の心理に及ぼす影響をうまく利用して、商業的な効果を考えるのがカラーコーディネーターの仕事です。
カラーコーディネーターは人に及ぼす色の特性を理解し、商品や空間に色を与え、演出することで、人に心理的インパクトを与える能力が求められます。
色に対する感覚は誰でも持ち合わせています。
今日着ていく洋服を何色にしようか、と誰もが考えます。
つまり、すべての人が日々、何らかのカラーコーディネートをしています。
そのためにカラーコーディネーターが特殊な専門職とはまだ理解されていないのが現状です。
それでも、近年、カラーコーディネートの必要性がさまざまな分野で見直され、その能力を生かす場所が増えてきています。
ファッションの分野では流行の色合いを先取りすることも大事な役目です。
企業のイメージカラーを提案したり、商品開発や広告では訴求効果の高い色を使ったり、あるいは食欲をそそる食品パッケージの提案という仕事もあるでしょう。
カラーコーディネーターになるためには、建築関連に軸をおいたカラーコーディネーター検定、デザイン関係ならカラーデザイン検定や色彩検定、ファッション関係ならパーソナルカラー検定などの資格試験に合格する必要があります。
カラーコーディネーターを専業とする場合もありますが、資格所得者の多くは、ファッション関係やデザイン関係、建築関係で働きながら自身の職場でキャリアアップのために取得している場合もあります。

Copyright (C)2018クリエイティブな仕事に就くための資格.All rights reserved.