クリエイティブな仕事に就くための資格

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の成功はウエディングプランナー次第

結婚は人生最大のイベントと言われます。
主役の花嫁・花婿にとっては初めての事で何をどうしていいか分からないのが実際のところです。
そうした2人の相談相手となり、思い出に残る演出プランを一緒に考え、結婚式をスムーズに進行するのがウエディングプランナーです。
ウエディングプランナーは結婚式の裏方ですが、以前、ウエディングプランナーの世界を描いたドラマが人気となり、注目されるようになりました。
実際の仕事は、挙式予定のカップルに式場を案内し、どういう結婚式にしたいか、本人たちの希望をしっかり聞くことから始まります。
何度か打合せを重ね、ドレス選び、招待状のデザイン、引き出物、料理、装花・装飾、写真・ビデオ、ヘアメイク、式の演出と進行を決めていきます。
感動的な挙式になるかどうかは、ウエディングプランナーの演出次第。
カップルにとっては一生に一度の晴れ舞台なので、大変責任の重い仕事です。
式がうまくいけば最後にありがとうと感謝され、自身も達成感を味わえる仕事といえます。
ウエディングプランナーの仕事はお客であるカップルの話を良く聞き、2人の価値観や希望を理解して信頼関係を作り、夢の舞台を演出することです。
そのためには聞き上手で、コミュニケーション能力があり、なおかつセンスが良く、スタッフをまとめるリーダーシップも求められます。
ウエディングプランナーには年齢や性別の制限はありません。
お客様相手の仕事なのでサービス業の経験があれば転職しやすでしょう。
ウエディングプランナーの活躍場所は、結婚式場、ホテル、レストラン、ゲストハウス、ウエディングプロデユース会社などです。
しかし、就職してすぐにはウエディングプランナーにはなれません。
やはり、実際の現場で学びながらキャリアを積んだ後に就ける仕事です。
ウエディングプランナーとして働くために資格はとくに必要ありませんが、持っていると就職に非常に有利です。
通常、専門学校や通信講座で専門知識や技術を学んだ後、資格を取得します。
主な資格に全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)や日本ブライダル事業振興会(BIA)の認定資格などがあります。
いずれも初心者向けから上級者・業界関係者向けの資格があり、経験に応じて取得できます。

Copyright (C)2018クリエイティブな仕事に就くための資格.All rights reserved.